医療レーザーによる永久脱毛

永久脱毛とは、最後の脱毛施術から1ヶ月以内のムダ毛再生率が20%以下である場合を言います。その為、この永久脱毛に於ける再生率を低くするには処理がより確実である施術方法を選ぶことがポイントです。



そして、現在行われいる脱毛方法で最も確実性が高いものとしてはニードル脱毛が挙げられますが、その効果の一方で施術に伴う痛みや施術時間等に難点があります。



そこで、現実的にはニードル脱毛の難点を解決した医療レーザーによる方法が最適とされています。
その脱毛方法は、医療レーザーマシンにもよりますが主流となっているアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーでは、ムダ毛の毛根に多く含まれるメラニン色素に対して選択的に反応し熱によりその周辺細胞を破壊しますので、成長期にあるムダ毛に対してこれらの医療レーザー照射した場合にはその再生をかなり高い割合で抑えることが可能です。

そして、永久脱毛には毛周期もポイントとなり、その成長期を見計らって細胞活動を抑え、体内にある全てのムダ毛が肌表面へと徐々に入れ替わる毎に照射を繰り返すことが鍵となります。